コーヒー

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪影響をもたらすのです。
ハーバード医科大学(HMS)の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くノンカフェインのコーヒーを飲めば、あの直腸がんの発症リスクを半分以上も減少させることができたらしい。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の浴び過ぎが皮膚病を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の男女が日サロを利用する活動の禁止を各国に求めています。
肥満の状態というのはあくまで食生活の質や運動不足などが誘因ですが、同量のごはんだったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続ければ体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血は喉から肺をつなぐ気道(きどう、呼吸器の一種)から出血する状態で、吐血というのは十二指腸より上にある食道などの消化管から出血する病状を指しているのです。
ダイエット目的で摂取カロリーの総量を抑える、十分食事を食べない、こんな暮らし方が結果的に必要な栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘発する事は、多くの医療関係者が言われていることなのです。
H17年以降新しくトクホ(特保)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起のフレーズの明記が義務付けられた。
チェルノブイリ原発の事故の後追い調査の結果をみると、大人に比べて体の小さい子供のほうが漏れてしまった放射能の被害をより受けやすくなっていることが明らかになります。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類が存在するのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に在るインスリンを分泌するβ細胞が破壊されてしまうことが原因となり、膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなり発症してしまう種類の糖尿病です。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もよくある中耳炎で子どもに起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などのいろいろな症状が出ます。
毎日のように横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴を毎日履いたりといった習慣は体の均衡を乱れさせる素因になります。
アルコールを分解するという力のあるナイアシンは、苦しい宿酔に大変有効です。辛い二日酔いの素因とされるエチルアルデヒドという物質の無毒化にも関係しています。
AEDというのは医療資格を有していない方でも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に従って動くことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を実現します。
突然発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですがバイ菌の感染による腸炎の場合はひどい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に高い発熱が相違点です。

About

Categories: 未分類