テーマにして

なにより注目される。うまくすれば、マッチョイズム信奉者からの支持も得られたかもしれない。
だが、鈴木章浩都議はそんな信念も覚悟も無いおちゃらけ馬鹿 だったわけだ。

次の都議選では党の公認さえ与えられないかもしれない。 一方でみんなの党・塩村文夏都議はこの問題を完璧に利用して、圧倒的知名度を得た。
おそらく今後は女性問題をテーマにして国政に進出するであろ う。鈴木章浩都議は良い踏み台となったのである。かくのごとく批判や非難を厭わず、不倫調査 広島とにかく目立つ者が成り上がっていくのが今の時代なのだ。増税をする時には大義名分が必要となる。
そうしなければ有権者を納得させられない。本当に増税が必要かどうかは問題ではなく、その建前に説得力が必要なのだ。 自民党の中山議員は携帯電話に課税をする目的に、SNS利用に伴う犯罪防止のための安全対策費を掲げたそうだ。しかし、そんなものが本当に必要なのだろうか?
まず、SNSを利用していない携帯電話使用者にとってはいい迷惑だ。

About

Categories: 未分類