薬剤部長

医薬分業という役割分担の背景があって、市町村の調剤薬局やドラッグストア大手チェーンの支店というような場が現状の職場であるといえ、薬剤師の転職に関してはごく当たり前に起こっているのです。

病院の薬剤部長に達すれば、手にする年収は1千万円くらいあるといった話から、長い目で見て心配がないのは、国立病院関係の薬剤師と言っても間違いではないと思います。

恐らく薬剤師のパート求人サイトをチェックするほうが、傾向として労働先選びで不成功におわる確率を多かれ少なかれ縮小する可能性もあるというのが実態です。

薬剤師としてやらなければならないことは当たり前で、シフト関係や商品管理そしてパートやアルバイトの募集・採用も仕事の一つです。ドラッグストアという職場は、膨大な業務を担当するわけなのです。

少数派として、ドラッグストアについての販売のノウハウを理解している市場コンサルタントや商品開発におけるコンサルタントといった仕事を選択する方もいらっしゃるのだ。

About

Categories: 未分類