緊張 に耐え抜く

中国との間では、戦略的互恵路線がいかに両国関係にメリットをもたらしたかを改めて確認したい。
まずは、強硬路線の悪循環を排し現状維持の緊張 に耐え抜くことだ。

そして、対話と妥協の機をうかがう。例えば、中国は公船の派遣をやめる。日本も外交問題はあることまでは認め話し合いのテーブルにつ く。両国首脳の 不倫調査 青森知略と勇気に期待したい。  
パイの配分と平和の継続。時代は互譲の裏付けのある骨太な互恵精神を求めている。
戦後の歩みを振り返ると、私たちにはその時代の要請に応える力 は十分に備わっているように思える。実現に汗をかくのは一義的には政治家だが、彼らにそういう仕事をさせるのは、私たち国民であることを改めて胸に刻みた い。
原発ゼロはドリームか?
「原発ゼロ」など出来る筈の無いドリームである、というご批判も多いのですが、本当にドリームなのかどうかについては、一度、国民的な議論があって良いと思います。 今までに聞いたことのある、原発ゼロに反対されている方のご意見に関する私の見解は以下の通りです。

About

Categories: 未分類