続けていたようなフシ

私服警官が大学に入っていたのは、伝統ある惰性だったのではないかなぁ。
テレビで見ましたが、たぶんさまざまなケースがあって、

勝手に国有地を耕している形になったのだろうと思います。
元の地主が国売り払った時点で、もう耕作 する権利は失われると考えるのが普通ですが、国は土地を買った時点で、耕作をしている人たちにを集めて、事情を説明したんでしょうかね?たぶんこの人たち は惰性で家庭菜園を続けていたようなフシも見られます。
堤防なんできちんと工事をして勝手に農業できないようにすることと、代替の農地を適度な価格で提供 することも、浮気の証拠集め
必要かなあとも思います。 この家庭菜園を作っている人たちが家に引きこもってしまったら、それはそれでコストになって跳ね返ってくるとも思うのです。 縦割り官庁の発想では、この人たちを追い出すことはできるけど、そこから先のことは難しいでしょう。なんとか納得の行く方法での解決をしてほしいものです。 東京と神奈川の境を流れる多摩川の河川敷に勝手に家庭菜園が作られ、問題となっている。

About

Categories: 未分類