民度の実態

ニュースでようやく知った人の数をみれば一目瞭然で、かなり冷遇されます。
いや、このニュースを知っても、特殊なアレルギーの人とは距離を置こうとか、

一緒に働きたくない、結婚したくない、付き合いたくない、等冷ややかな対応になることでしょう。 実際、てんかん患者にもかなり冷たい仕打ちをしているのが日本人の民度の実態です。
日本人はこと一般的でない人間には鬼のような仕打ちをする。
均一な、金太郎飴のような風潮を好む傾向にあります。 これは少なくとも先進国でこんなことをやるのは韓国と日本ぐらいなものでしょう。 他では聞いたことがない。 アレルギーニュース一つとってみても探偵 比較
この有様。 「無知こそ罪なり」をもっと自覚するべきしょう。
日本人の差異性の理解についてもう少し言及します。「個性」などという月波な言葉を遣う気はありませんが、日本人は「変」ということに非常に敏感な民族です。協調性がある、なしも非常に重要視される。農耕民族で島国根性がそうさせるのかもしれませんが、変わっている=笑いのネタぐらいに考えている。日本ではアレルギーもお笑いの格好のネタです。

About

Categories: 未分類