誇っている。

シーザーは粗暴ではないが腕力・知性において群れで最強の能力を誇っている。
何より『類人猿(仲間)の檻からの解放』という歴史的偉業によって、

シーザーと肩を並べようとする競合的な個体は皆無であった。シーザーは妻のコーネリア、息子のブルーアイズ、生まれたばかりの次男という家族を持つように なっている。 しかし、人間も興味本位やレジャーで山・森に入ってきたわけではなく、『人口激減(技術者・専門家の消滅)・社会インフラの機能不全』に晒され て、サンフランシスコの『文明社会(電気文明)の終焉の危機』に迫られてやって来ていた。原子力発電所も火力発電所も運転をストップして、訳あり蟹通販自家発電・バッ テリーで何とか最低限の電力需要を凌いできたが、このままでは一ヶ月ももたずに電気を失ってしまう窮地にある。電気の永久的な喪失を察した街の人々の顔か ら笑顔が消え、不穏な空気が充満しつつあった。 街の指導者・扇動者である元軍人ドレイフュスは、森の中にある旧式のダム(水力発電)を再稼働することで、電気を復旧して電力を維持できると考 え、水力発電の技術者を含む調査隊を派遣してきていた。

About

Categories: 未分類