相手の気分

自分の優位性・優秀さや人生の成功・充実を認めさせようとしたり、相手の気分・感情を意図的に害そうとしたり(自分との優劣を間接的に示唆した り)、

相手を思い通り変えたり動かしたりしようとする時に、そのコミュニケーションは人間関係を悪化させる影響を及ぼしやすくなるが、『競争的な優劣・他 者の操作や制圧・自己顕示』が好きな人はそれを生きがいにしてる面もあるので改善は難しい。 『だって・でも・しかし』や『自分本位な話題の切り替え』というのは、相手の話の腰を折る(自分の話したいことしか話さない)、相手の価値観や意 思を軽視するといった意味で嫌われやすい。基本的には議論・討論をしているのでなければ内心で反論・拒絶があっても、『相手の意見・助言・価値観』はその 場ではストレートに解釈しておいたほうが良い。 何でもかんでも反論したり不満を述べたりすると『相手の言いたいこと』が途中で阻害されてしまい、話そのものが続きにくくなるし、『この人は何を 言っても自分に反対するし、前向きな態度で話題に乗ってこない(話題を広げたり深めたりしようとしない)』となると、それ以上話そうとする意欲が無くなっ てしまいやすい。

About

Categories: 未分類