日本とは違う

「当時、小学校では生徒に対してユダヤ難民に関し、あの人たちは自分の国がないため世界各国に分散して住み、金持ちや学者や優秀な技術者が多い。

今は戦争で住むところを追われて放浪して落ちぶれた恰好をしているが、それだけを見て彼らを見くびってはならないと教えていました」
「こうしたこともあって、上陸した難民たちは市民から差別の眼差しで見られることもなく、また厳重な警戒や規制を受けることもなく自由に市内を行動していました」
一視同仁(すべての人を分け隔てなく慈しむこと)と八紘一宇(国全体が一つの家族のように仲良くすること)を根本精神とする皇室を戴く日本人は「日本の天皇が私たちを守ってくれるだろう」というユダヤ難民の期待を裏切らなかったのである。
国・地域等によって違いはあるかと思う。しかし「日本とは違う」ことだけは確実に共通していること。皮肉にも、日本人だけが圧倒的に高い確率で犯罪や詐欺に合ったり、日本人だけが「平和ボケ」と言われている現実。

About

Categories: 未分類