慰謝料が高額

不倫に関するトラブルのケースで支払う弁護士費用は、先方に請求する慰謝料の請求額をどうするかによって違ってくる仕組みになっています。

相手に示す慰謝料が高額であると、準備する弁護士費用である着手金も上がるのです。
カップルによって違うので、決まった額があるわけじゃないんですが、不倫を端緒として離婚してしまったケースの慰謝料については、100から300万円程度が平均的な金額となっているようです。

探偵にお願いする仕事はケースごとに違うのでお揃いの料金にしているのでは、対応はできかねるというわけです。このことに加えて、探偵社別に違いがありますから、輪をかけて理解しづらくなっています。

証拠はないけれど様子が変だと気が付いた方は、大急ぎで本当かどうか浮気の素行調査の申込をしたほうが正解でしょうね。調査が早く終われば、調査に必要な料金だってリーズナブルになるのです。

やはり不倫や浮気調査を行う際は、障害が多い状況での証拠(写真や映像)の撮影作業なんかがしょっちゅうあるので、各探偵社ごとで、調査の際の尾行や追跡の技能や撮影に使う機器にかなりの差があるため、しっかりと確認してください。

About

Categories: 未分類