時間に追い かけられる

繰り返し起こっている『時間の浪費・喜び(やり甲斐)や成果を生み出さない時間の使い方』に対してどう改善できるかは、

『行き当たりばったりの成り行き管理の離脱』と『自分の時間の使い方に対する明確化(記録と分析・変化)』にかかっている。
同じ時間に複数の業務や勉強を同時並行的にしようとする『マルチタスク』は、いずれの業務も集中力・徹底性が不足して中途半端になりやすいという 意味で問題であり、いくつかの異なる作業・勉強をしなければならないとしても『まとまった時間のシングルタスクを組み合わせる形の選択と集中』こそが必要 である。
何かを達成する『生産的・効率的な時間』だけではなく、自分や相手を楽しませる(休ませる)『充足的・休息的な時間』も必要であり、『時間に追い かけられるだけの忙しさ』と『時間を無意味に捨て続ける浪費』から上手に遠ざかるような後悔のない時間管理が望ましいものになる。

About

Categories: 未分類