ペットボトルを踏んずけただけ

慌てて車を停 めて、外に確認しに行った・・・・・・。
かつて函館で、道端で発作を起こした爺さんを車で踏んずけて死なせたという事件があって、

それを連想した俺は「もしもの事があ れば死んで詫びよう」と腹をくくり、車の下を確認しに行った。
結果として、中身の入ったペットボトルを踏んずけただけでした( ´・ω・`)ビビりすぎでしたわ。
いやしかし、かもしれない運転はドライバーのイロハのイですからな(`・ω・´)
ただでさえアウターゾーンみたいな霧がかかってて変な音がしたら確認しますよねー。 ケース3 帰宅後  俺のアパートの、俺の部屋のドアの前に何やら人影があった。
よくよく観察してみたら、若い男だ。なにやらブツブツ呟いていた。 何故に俺の部屋の前で?!とか思ったが、すこし考えてある一つの結論に達した。
こいつ、上の良く泣くカップルの片割れじゃねーか?という。推理と して、俺の部屋の真ん前には階段がある。この男は泥酔しているようだ。

About

Categories: 未分類