論争は年中

英語というものを知るには、最初に「英文を読むための文法規則」(いわゆる文法問題を解くための教育的知識とは仕分けしています。)と「最低限の語句の知識」を獲得するための実学が必須条件です。

元より文法というものは必要なのか?といった論争は年中されているが、俺が身にしみて思うには、文法を勉強してさえいれば英文を理解するのがあっという間に進展するから、のちのち非常に楽になる。

何かにつけて子どもたちが言葉を学ぶように英語を勉強するという言い回しがありますが、子供が卒なく言葉を使用することができるようになるのは、現実的には多量に聞取りを続けてきたからなのです。

アニメのトトロや魔女のキキ、千と千尋の神隠しなどのアニメの、英語バージョンを目にすれば、日本人と欧米人とのニュアンスの差を実感できて刺激的なものかもしれない。

いわゆる英語には多くの勉強メソッドがありますが、リピーティングメソッド、耳と口が同時に要求されるシャドウイング、聞き取ったものを書き出すディクテーションと、評判の高い海外ドラマや映画等を盛り込んだ現実的な学習など大量にあるのです。

About

コメントを残す