急性中耳炎

腰などが痛むヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在してクッションみたいな役割を果たしている椎間板という名前のやわらかい組織がはみ出てしまった症例の事を称しています。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番多い中耳炎で比較的子供に多くみられる病気です。猛烈な耳痛や38℃台の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などのありとあらゆる症状が起こるのです。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みのブロック、色々な覚醒現象などを支配していて、単極性気分障害(うつ病)の患者ではその動きが低下していることが分かっているのだ。
めまいが出ず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを何回も発症するケースのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という事例がままあります。

目と目を合わせることで、被介護者がセラピーキャットのことを可愛らしいと感じる時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽減したり心の癒しに繋がっていくのです。

About

コメントを残す