大嘘

「東アジアの安全保障環境が厳しさを増しているときに大局観を失ったら、全体に悪影響を及ぼす」

ってのも大嘘。
そもそも自己防衛も出来ないこの国で安全保障を語る時点で間違ってる。

例えるなら、
尖閣諸島で軍事衝突が起こったら、確かに米軍は日本との共同作戦を実施するだろう。
ただ、その大前提は、中国軍(おい言っちゃったよww)をまずは確実に自衛隊で処理できる法整備なり軍事力などが整ってる前提だからな。

「日本は動かいないけど米軍は血を流させ」は通じないってこと。
もちろん、 ここまで至ったのは左翼政党に配慮し続けた与党やそれに迎合して戦後処理や反省を一切蔑ろにした国民自身の結果だから、自業自得だって話。

少なくとも、1965年の国交回復時に、誰もソレに対して文句言わなかっただろ?
今更ブームに迎合するうように騒いだってさ、虫が良い話だってこと。

空母は単なる海上空港ではなく、他の新鋭戦闘艦同様、複数の高度かつ複雑なシステムが入り組んでいるため、メンテナンスに多大なコストと共に長期のドック入りが必要となる。
米海軍も現役空母12隻を保有しているが、洋上で任務に就いているのは半数程度のため、有効に運用するためには複数を配備する必要があるのだ。

なので、 空母所有国は何れも「コスト負担に耐えきれず、持っているだけ」というのが現状。

About

コメントを残す